エスエスパーツ  ■アメ車とは  ■常時100台  ■保証付中古パーツ  ■買取&引取  ■アメ車専門  ■エスエスパーツQ&A  ■お問合せ  ■特定商取引法表記
エンジン
ミッション
タイヤ・ホイール
ボディパーツ
バンパー(フロント・リア)
内装パーツ
ライト類(ヘッドライト・テール類)
ブレーキパーツ
ガラス類(ドアガラス・Fガラス)
純正オーディオ
足廻り(フロント・リア・デフ等)
マフラー
ドアミラー
エアコン関係(エアコンパーツ)
フューエルポンプ(フィルター)
ラジエーター関係のパーツ
ウォーターポンプ
メンテナンス用品
フィルター(オイル・エアー)
バッテリー
その他

受付時間09:00−18:00
見積依頼
業者様専用
業販依頼はこちらから

キャデラックのパーツ

キャデラックの特徴

 アメ車で誰もが知っているキャデラックはアメ車の代表的存在です。
 私自身もキャデラックフリートウッドブロアムの角目4灯ノーマル車両は渋く、キャデラックの中でも雰囲気最高だと思いますがいかがでしょう・・・??
 まあ、まあ好みも好き嫌いあると思いますが、、、ところでアメ車を乗っていた経験がある方にはわかっていただけるかもしれませんが、手放してしまうと何故かまたアメ車乗りたいなーという気持ちが大きく感じるのは私だけでしょうか?
 また、よく見なければ気づかないパーツ(モールやエンブレム)の違い(こんなところなんでこんなに気になるんだ?というようなところがまた一番気になりますよね)等も魅力のひとつではないでしょうか。
 理由がありキャデラックを手放してしまった方からも以前自分が乗っていたキャデラックのパーツ【エンブレム(←気持ちわかります!)】や【フロントグリル(←これはかなりでかいっすよ!)】ありませんかなどというお問い合わせも頂くことがあります。
 キャデラックのパーツを飾っていても、持っているだけでもキャデラックの雰囲気を感じられると思います。かつてのアメ車乗りの皆さんもためしに一つ飾ってみてはいかがですか??
 ちなみにアメ車パーツ専門の当社に一番多くパーツの問い合わせを頂く車種もキャデラックです!

キャデラックのパーツ(部品)の特徴

 この仕事をはじめて気がついたことですが、キャデラックの車種や年式ごと(?)などにより、よく壊れるパーツや部分が決まってあるようです。例えば、キャデラックセビルは96年、97年 の運転席のパワーウインドースイッチですが湿気のせいなのかよく動かなくなってしまいます。それと95年〜97年のリンカーンタウンカーはリアの灰皿のふたがバネの取り付け部が割れ空きっぱなしになってしまいます。
 その他アメ車の弱点なのかデジタルメーターは突然点かなくなってしまう場合があるようです。 しかし事故につながる物ではないのでまだ良い方でしょうか??
  まだまだ知識不足な面もありますが、部品の適合に関してや、「その車ならこのパーツ(部品)をストックしておいたほうがよさそうですよ!!」など出来る限りお問い合わせ、ご相談にのれるよう努力いたします。